シビックtypeR

先日開催されていた東京モーターショーの関連で、新聞や雑誌などいろいろなメディアで色んな新型車の記事が出てきました。その中で目に止まったのは、レクサスとシビックtypeRの試乗記事でした。そのほかにも輸入車でとても気になる車がありました。シビックはFF車最速を目指し、ニュルブルクリンクで目標達成したと言う小型のスポーツカーです。鳴り物入りで欧州では発売されてましたが、人気は上々との事。しかし日本には限定車として輸入するとのこと。そのため、きっと眠気が出るにもかかわらずたった750台しか販売されません。ちょっともったいないような気がしないでもありません。価格は欧州のそれより150万以上安く販売するとのことで日本のユーザーにとってはとてもありがたい話です。それでも限定なのは、きっと日本では赤字販売なんでしょうねぇ。きっとそう思います。しかし赤字でもライバル達と同じ価格に抑えたのは、おそらく正解だったと思います。もし販売価格を欧州と同じ580万にしたら、きっとインターネット上では不満が書き込まれ会社のイメージがかなり悪くなった事でしょうねぇ。それにしてもこのシビック。改めてそのスペックやメカニズムを観察すると、ホンダのプライドが透けて見えてきます。随所にその異常なまでの拘りが散見されるのです。正直、外見や内装はあまり好きではありません。むしろ最悪ですが、その走りはきっとホンダらしさで素晴らしいでしょう。この点はとても期待できると思います。ブツブツした乗り心地を除けば、きっとアウディやフォルクスワーゲンあたりと似たドライブフィーリングを返すのではないかと思っています。この辺の味付けはヨーロッパのフィーリングなのではないでしょうか。もう不自然さを超えて、走りにこだわる。さらに徹底的に物理法則をねじ伏せる走りはおそらく健在なはずです。そのメカニズムが作り出す新しい走りの世界は、とてもホンダらしく究極のハンドリングを生み出していることでしょう。ここまで徹底してれば、私だけではなくて多くの方も手に入れたいと思うはずです。それぐらいシビックの完成度は高いと言えると思います。おそらく日本での販売価格が良心的であり、金額的にもギリギリ手が届くのもそう思わせる理由の1つではないかと思います。限定車であることから人によってはちょっとした投資目的で購入する人も現れるでしょう。本来であればそれはシビックの望むところではないかもしれません。願わくば750台全てが、自動車の走りを愛する人の手に渡る事を願います。 そして、シビックの車一括査定による自動車買取相場が常に安定し、中古車市場において、適正価格で売買されることを祈るばかりです。