マツダのディーゼルエンジン

CX-5、アテンザ、アクセラ、そしてこのデミオと来た新生マツダは頑張っていると思う。
でも自分からするとやっと普通レベルかなって所。
と言うか、やっぱり「値段の割に」の枕詞を付けてしまう。
具体的には、操縦性と言うか、「走りの質感」で、やたら機敏な極端なズームズームをやめたのは○だと思うけれど、乗り心地と操縦性と疲れない鈍さなどを考慮した結果、山ではふわついたあいまいな動きや反応があって、自分レベルでは物足りない。
身近なところでは、今度のミニは自分とかなり波長が合うし、レクサスのISも二重丸をつけられる。
(ポロは案外日本車チックでベンチマークとか言われている割に大したことは無いと自分は思う、スイフトと大差なし)
その(ミニ・レクサスIS)レベルにしようと思ったら、コストが合わなくなるのだろうけど、今マツダはブランド力を高めつつあって、今までのようなたたき売りをしなくても売れるようになりつつあろう。ならば次はその辺をもうちょっと(コストをかけて)詰めてくれたら自分も食指が動くと思う。
また、嫁さんのことを重視したら、スイフトの普通のCVTのヤツあたりが妥協点かなとも思う。毎日CVTに乗っていたら、日本の普通のペースには合ってるんだよね。クルマの運転にこだわりのない人たちにはスムーズでいいんだろうね、やっぱり。
市場原理は正直(?)
デミオがスムーズではないと言っているわけではないけど、普通に粛々と乗るだけならCVTの方がいいかもしれない。
そしてスイフトの方がコンパクトだし、安いし。軽いし。
それでいて走りはまぁまぁだし。
とは言え嫁さんだけのクルマってわけでもないので、ディーゼルデミオの試乗を楽しみにしようと思います。