自動車業界の行方

日本の自動車メーカーは、足元の日本のユーザーのことなど二の次にしか考えていないのか。しかし、ここまで採り上げてきたグローバル商品化や海外生産、メーカー間の連携は、今後も変わらず、更に進んでいくことだろう。もはや単独で戦い、生き残るのは簡単ではないのが、世界の自動車マーケットの現状なのだ。
それは日本メーカーに限ったことではない。いや、むしろ海外メーカーの方が積極的と言っていいほどだ。しかし念頭に置いておかなければならないのは、彼らが容易にそこに飛び込むことができるのは、他社のエンジンを使おうが、それこそ車体の基本骨格まで共有しようが、その程度のことで自らのアイデンティティが揺らぐことはないと確信しているからに違いないということである。
想像してみてほしい。たとえば仮にメルセデスペンツが日産のエンジンを積むことになったとしたら果たしてどうなるか。おそらく彼らは、何食わぬ顔でメルセデスペンツ以外の何物でもないクルマを堂々、作り上げるに違いない。必ずしも楽しいクルマをつくるためじゃなくてもいい。他でもない、そのクルマこそを絶対に手に入れたいんだと思わせるクルマを生み出すためには、そうした揺るぎないアイデンティティは絶対に欠かせないポイントだ。それこそが独自性であり、またブランド性と呼ぶべきものだろう。日本メーカーのクルマは、そこが絶対的に薄く、またあまりに無頓着なのである。

真にユーザーと向き合い、理念と哲学あるクルマを作れ
歴史や伝統が無いから仕方がない? いや、そういう話ではないのだ。では、日本の自動車メーカーに足りないものは一体何なのか。まずひとつには、作り手側の目線だけに依拠したクルマづくりからは、もう脱却するべきだ。ユーザーのニーズを汲み取るフリはするが、実際には集めたデータの都合の良い部分を、都合良く解釈しているだけ。敢えて名前を出せば、トヨターカローラなどはその最たる例だろう。本当にユーザーと真剣に対峙していれば、販売台数もブランドイメージも、こんな風にじり貧になるはずはないのだ。
必要なのはマーケティング屋が集めてきた顧客性向のデータなどではないのだ。その商品を通してユーザーにどんな幸せをもたらしたいのか、社会をどう変えていきたいのか、どんな未来を描いているのか、つまりは要するにどんなクルマをつくりたいのかという理念であり哲学こそが、クルマづくりの前提には、まずは無ければならないのだ。

日本人をうならせるクルマを作れば世界に通用する
また私は、やはり足元の日本市場を、もっと大事にするべきだと思う。これについては、私か日本に住む日本人だから情緒的な部分でそう考えているという部分も、決して否定はしない。しかし、できるだけ客観的に考えたとしても、ここ日本の新車市場は、未だに世界第3位の規模を誇っているのである。それだけのボリュームを稼げる市場に、なぜこうも簡単に見切りをつけるのか。私にとっては、それはまったく理解できないと言ってもいい。
しかもユーザーは、最新の技術に目ざとく反応し、クオリティにも人一倍うるさい。そんな日本での反応を、世界の自動車メーカーは今も変わらず非常に重要視している。特にドイツのメーカーなどは、話を聞くと特に最新テクノロジーなどについては、日本で評価されなければ世界で通用させるのは難しいと、よく理解しているのだ。そうした日本市場をベースに持つメリットを、日本のメーカーには正しく理解してほしい。そもそもかつては、そんな日本で磨き上げられてきた日本車だからこそ、世界に打って出ることができたのだ。日本市場は、己を磨き、鍛える場となり得る。それが日本流の真摯な物づくりと合致した時、その力は計り知れないものとなるのではないだろうか。日本車にとってのチャンスは、そこにこそある。価格だけで競争していては韓国や中国に敵わない。日本メーカーには、日本メーカーこそが提供するべきものがある。それは日本のユーザーの心に響き、そして世界をもう一度、震憾させるものになるだろう。

ユーザーの真剣なクルマ選びこそがクルマの未来を変える
最後に、日本の自動車メーカーにそうしたクルマづくりを促していくためには、ユーザーももっと
もっと声を上げていくべきだとも言っておく。本当に良いクルマを選ぶ日を磨き、良くないクルマにはノーと言おうじゃないか。自動車メーカーを、クルマを、鍛えるもっとも強い力を持っているのは、やはり何と言ってもユーザーなのである。その積み重ねこそが、クルマを再び楽しく、沢山の人の胸を躍らせるものにしていくはずだ。もちろん、この『間違いだらけのクルマ選び』が、その一助となることを私は信じている。